Top > 敏感肌 > 顔の輪郭に沿って出来る傾向がある

顔の輪郭に沿って出来る傾向がある

大人ニキビと思春期のは全く別ものなんです。ですから、大人ニキビが治らない理由も思春期のそれとは違うんですよ。
思春期の若い時にできるニキビっておでことか頬とか顔の中でも中心に近い所にできやすいですよね。
多感な時期にニキビなんて最悪ですしニキビができたらこの世が終わる。くらいに思ってしまうのも若さ故だとは思います。
成人してからできる大人ニキビは少し違ってきます。
まず大人ニキビの特徴としてフェイスラインにできやすいということです。顎の下から首にかけてとか顔の中心ではなく輪郭に沿ったところに出来る傾向があります。

Uゾーンと呼ばれる部位に出来易いわけですね。
それに思春期の若い肌はまだ未発達でそこに活発なホルモンの分泌も重なってニキビの原因になっていますが大人ニキビは理由が全然違います。
まず大人ニキビ第一の理由に肌の乾燥があります。
肌のターンオーバーが上手く行かずにニキビが出てしかもなかなか治らないのが大人ニキビです。
それから第二の理由にホルモンバランスの崩れがあります。
ストレスなどでホルモンバランスを崩してしまうとニキビの原因となる男性ホルモンが必要以上に分泌されてしまうからです。
大人ニキビは思春期にできるニキビとは原因が全く違います。
その違い故になかなか治らないのも事実です。
治療にはホルモンバランスを整えて身体の中からケアすることが大切になってきます。

赤色丘疹の直し方の備忘録

敏感肌

関連エントリー
顔の輪郭に沿って出来る傾向がある